2017/05/13

「馬際競走(うまさいきょうそう)」の導入につきまして。



この度、ジャパンサラブレッドシリーズにおいて、
「馬際競走(うまさいきょうそう)」を導入する運びとなりましたのでお知らせいたします。


<馬際競走(うまさいきょうそう)とは・・・>


ジャパンサラブレッドシリーズにおいて、
引退馬(競走登録を抹消、またはされていないサラブレッド。以下、“ソフトサラブレッド”と呼ぶ)だけではなく、
現役競走馬も含めた全ての馬種(ポニー~重種まで。以下、“外種馬”と呼ぶ)が出走できる競走の事を言います。
ただし、外種馬については、各レース毎に別途最大出走可能頭数が定められる事があります。


<導入の経緯>


現在、
種牡馬や繁殖牝馬として生きていけるサラブレッド以外、
多くのソフトサラブレッドが生きていく為の主な仕事は「乗用馬」という仕事です。

一頭でも多くのソフトサラブレッドを生かす(活かす)為にも、
この「乗用馬」としての適正・価値を高める事が必要だとソフト競馬は考えております。


ソフト競馬のレースで勝つためには、
いかに折り合い・スピードコントロールが出来るか?
という部分が必要になり、
それ(勝利)を追求する事が、
「ソフトサラブレッドの乗用馬としての適正・価値を高める」
という事に繋がると思っております。

そして、
「ソフトサラブレッドの乗用馬としての適正・価値を“より”高める」ためには
“乗用として生産された馬達と勝負”して(勝って)いく事が必要だと考えております。

そこで、今後ジャパンサラブレッドシリーズにおいて
ソフトサラブレッド以外の馬も出走可能な「馬際競走」を導入する運びとなりました。

(現状、毎回フルゲートに達さないから、というウワサが…ごにょごにょごにょ・・・)


<対象レース>


・同窓会三冠レース(皐月賞・ダービー・菊花賞)
・第二有馬記念
除く全てのレース。
(変更する可能性もございます。)



尚、次回
<ソフト競馬の宝塚>(6月後半公開予定)より適用とさせて頂きます。

何卒よろしくお願いいたします。